So-net無料ブログ作成

彫刻の森美術館 [旅行]

9月21日 箱根旅の最終日は “箱根 彫刻の森美術館”

2日目に予定していたところをほとんど廻ってしまったので最終日は彫刻の森美術館でのんびりと散策

IMG_3780.JPG

目玉焼き 面白い
IMG_3781.JPG
[目][わーい(嬉しい顔)]
上に載って遊べます

IMG_3783.JPG

この日はここで朝食
IMG_3786.JPG

幸せを呼ぶシンフォニーの展望台から景色を見るとこんな感じ
IMG_3788.JPG
見晴らしは良いけれど 虫が多かった

IMG_3793.JPG

なんだかなあ? これ ちょっとこわい!!
IMG_3797.JPG

ピカソギャラリーも良かったし
淺井裕介さんの「絵の種 土の旅」と題した企画展示のコーナーで 泥絵を描いているところを実際に見せてもらえたのはとても興味深かったです

強羅公園 [旅行]

国登録記念物の“強羅公園”
左右対称に造園されたフランス式整型庭園 
中央には開園時にイギリスから輸入されたヒマラヤ杉がそびえる
IMG_3751.JPG

IMG_3755.JPG
この人 今回の旅行ではあちこちで敬老割引していただいてました[わーい(嬉しい顔)]
ワタシはまあだ[失恋]
IMG_3760.JPG

パイナップルって軸の上にできるんだ
地面にくっついてできるって思ってた  ああ恥ずかしい~
IMG_3746.JPG

豆腐と山芋を使ったお料理が売りの“知客茶屋しかぢゃや”さんは箱根湯本にあります
IMG_3768.JPG
お豆腐に味噌とゴマ油のたれをかけて
地酒があうかな

IMG_3769.JPG
ゆば豆腐

IMG_3770.JPG
こちらが名物の“早雲豆腐”
田舎味噌で味付けし とろろをかけたオリジナルメニューです

IMG_3771.JPG
最後のがんもどき だけれど ごはんがえらく主張している(笑

箱根ガラスの森美術館 [旅行]

IMG_3729.JPG
大涌谷はまだ噴煙が上がってますが規制区域は大分緩和されてきています

こちらは“ガラスの森美術館”のお庭
IMG_3740.JPG

IMG_3741.JPG

館内は[カメラ]NG
ヴェネチアン・グラス展はなかなかの見応えでした
カップを支えている軸が今にも折れそうなくらい細いグラスなんてすごかった
どっしりとしたゴブレットや 繊細ながら重みのある香水瓶などなど 
マリーアントワネットの香り 欲しい・・・

ちょうどガラスの楽器の演奏会もやってました[るんるん]

庭園もいたるところにガラスのシャンデリアとか
IMG_3730.JPG
この中央の白いモシャモシャもガラス

IMG_3742.JPG
この紫陽花の花もガラス

IMG_3744.JPG
大涌谷の噴煙 ここからも見える

星の王子さま [旅行]

箱根仙石原の“星の王子様ミュージアム”
IMG_3708.JPG
☆ 王子様の小さな星 “B612” ☆

IMG_3718.JPG
プロヴァンス風広場

IMG_3722.JPG
このかわいいところ ・・・ トイレ[トイレ]

“星の王子様” を初めて読んだのはいつだったか全く覚えがない
本屋さんで表紙を見て チラ見して 絵本感覚だったような
話も最初はよくわからなかった けれど この独特の世界観になんとなく浸かっていたような気がします
年を置いて 計3回くらい読んだような ・・・
だんだん中身に魅かれるようになって
その後長い事忘れていた本
懐かしくてこのミュージアムを覗いてみた
IMG_3723.JPG

「星の王子様の物語と 作者サン・テグジュペリの世界を巡る旅」 よかったです
「たいせつなものは 目に見えない」 とか ひとつひとつの言葉はもう忘れてしまっていたけれど
どれも今一度自分に言い聞かせなければいけない教えばかり
サン・デグジュペリ のことはここで初めて詳しく知りました
ノートに描きためた自筆の文章や絵も見られたわ
作者はこの本の世界的な大成功を知らないで逝ってしまったんですって

大人になってからも必要な本ですね
ウチにあるはずなんだけれど どこにあったかな 実家かな 帰ったら探そ

IMG_3725.JPG
“サン・モーリス・ド・レマンス城”
作者が幼少時代を過ごした城とフランス式庭園

千石原 [旅行]

9月20日朝イチは “千石原のススキ” から
IMG_3683.JPG
一面 黄金色のススキ野原
IMG_3685.JPG

この細い道をずぅっと登っていきます
IMG_3696.JPG

今日もいい天気[晴れ] 暑かった
IMG_3692.JPG

“千石原のススキ”と“箱根湿生花園”はすぐ近くです
湿生花園の“クサタチバナ”では 蝶々さんがお仕事してました
IMG_3697.JPG

花はあまりなかったけれどお散歩には程よいところでした
IMG_3700.JPG

IMG_3706.JPG
まわりの山々に癒されます

秋休み [旅行]

「連休どうする?」  「どこかへ行くのならば 最近日本は災害が多いから ダメージを受けている観光地へ行って貢献する」 「お蔭様で愛知県は台風 地震 噴火の影響が少ないので 観光客の減少しているところへ行く」 てなことで夫が箱根へ行こう[いい気分(温泉)][車(セダン)] って

けっこうギリギリで決めたのでホテルは選べませんでした
残りあと1室 みたいなのに予約して箱根へ GOGO!!

駿河湾沼津サービスエリア
IMG_3659.JPG
向こうに伊豆半島が見えます[目]

高速からの富士山は 雲の上にてっぺんがちょこっと[バッド(下向き矢印)]

箱根ロープウエイは噴火の影響でお休みですが 駒ヶ岳ロープウエイはOKです
IMG_3667.JPG
ロープウエイから見た“芦ノ湖”  雲が多い

頂上
IMG_3669.JPG
霧がかかっています 
「富士さ~ん どこだ~い?」

箱根園からの芦ノ湖
IMG_3674.JPG

IMG_3675.JPG

江島大橋 [旅行]

大根島から境港へ向かうバスの窓から
10.JPG

このような景色を見ていると 前方 ズーッとむこう正面に・・・
11.JPG

拡大すると
11 - コピー.JPG

幸運にもバスの座席が最前列でした[グッド(上向き矢印)][るんるん][るんるん]
すんごい坂 途中 空中で途切れてるみたいに見える
ダイハツのCMで有名になった 江島大橋 別名「べた踏み坂」 体験 感激 おもしろい

登ってます[右斜め上]
IMG_3261.JPG
体感的には 別にすごい坂道を登っている という感覚はなかったけれど 運転手さんは大変なのかなあ?

頂上あたりの風景
IMG_3264.JPG
島根県から鳥取県へ移動しています

ガイドさんがずぅっとナビってくれています
ここから下りにはいりまあす[右斜め下]
IMG_3265.JPG

12.JPG
正面の景色の中へつっこんでいくみたいね

あっというまに過ぎてしまった 
坂を上る手前に見られる あの空へツゥーンと伸びている道路は印象に残ったよ
実際 目で見ていると 写真よりももっと急こう配に見えたの

境港の海産物店の前には頭上に「目玉の親父さん」をのせた大きな「鬼太郎さん」
13.JPG

道沿いの バスの窓から目に入ってくる景色も春ですね
14.JPG




大根島 [旅行]

出雲から 宍道湖 松江を通って 大根島「由志園」見学

牡丹祭りをやっていたけれど 日本庭園のほうが雨上がりのしっとりで爽やか 雰囲気良かった[グッド(上向き矢印)]

6.jpg

7.JPG

8.JPG

9.JPG

緑が美しかった


出雲大社 [旅行]

島根の旅 二日目は「出雲大社」から

少々小雨模様
1.jpg
ここが本殿かと思いきや 神楽殿でした

有名な 日本一大きな注連縄がこれ
2.jpg

この奥が御本殿
3.jpg

4.jpg

大黒様と因幡の白ウサギの像
5.JPG

雨に濡れてしっとりいい感じです


松江宍道湖温泉 [旅行]

4月18日~19日
カッコーツアーさんのお世話になって 島根県の松江しんじ湖温泉に行ってきました [いい気分(温泉)][バス]

1日目は 「足立美術館」 

横山大観の絵画も迫力あってすごかったけれど お庭が素晴らしかった
「日本庭園は 米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の庭園ランキングで12年連続日本一(2003~2014)に選ばれ 海外でも高い評価を得ています」 と書いてありましたよ

その枯山水庭
IMG_3159.JPG
お庭は歩くのではなく窓から見ます

苔庭
IMG_3157.JPG

IMG_3172.JPG

また写真は撮らなかったけれど 「生の掛軸」に感動!!  床の間の壁をくりぬいて山水画がかかっているように壁の向こうの景色(お庭)を見られるの ここが一番好きです 「生の額絵」もいいけれど 「生の掛軸」の方が好きです

茶室寿立庵でお茶をいただきながら眺める景色も素敵です
IMG_3209.JPG

さすがに名古屋からは遠いので 1日目は足立美術館に寄っただけでホテル行き

ホテル一畑さんのお部屋の窓から見えた「宍道湖」
IMG_3213.JPG

湖畔へ降りたら きれいな水でしたよ
IMG_3216.JPG

お天気によっては素晴らしい夕日が見えるそうですが ちょっと曇ってたね
IMG_3217.JPG







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。